新着情報

遺伝も関係している

直腸がんの主な原因は、食生活が欧米化したことともう一つ遺伝的なものがあります。例えば、家族や親戚で過去がんに侵された経験がある人物がいると、将来自分もがんになる確率がグッと上がります。今は三大治療の他に優れた効能を持つものがありますから、たとえ直腸がんに侵されても、回復が見込めます。

劇的な回復を見せる治療の特徴

看護師と患者

ステージ関係なく治療ができる

基本的に、全てのがんは外科手術と放射線治療、抗がん剤治療三つの方法で死滅させていきますが、近年はNK細胞療法が有効であると症例ですでに実証されています。理由としては、転移したがんに効くこと、三大治療と組み合わせて行えること、そして直腸がんで最も恐ろしい再発と転移を阻止できるからです。多くは転移したことで病状が悪化し命を落とすので、再発防止に力を入れられるNK細胞療法は今後も需要を高めていくと予想されます。

体力の消耗を抑えることができる

抗がん剤治療における副作用は、患者の体力をどんどん消耗します。その影響で、免疫力が極端に落ちてしまい再発する恐れもあります。体力を回復させると共に、自分の免疫を使ってがん細胞に働きかけるという仕組みは、大勢の直腸がん患者を救う手立てになります。現在、抗がん剤の副作用に悩まされている人や、体力を回復し、癌細胞に打ち勝ちたいという強い思いがある患者さんは、ほとんどがNK細胞療法に挑戦しています。

何故直腸がんに効くのか?

免疫細胞に攻撃するよう命令ができる

従来の免疫両方の特徴は、培養が比較的簡単であることです。ただ、沢山増やしても結局癌細胞が悪い奴という認識がないため「教育」が不可欠になります。まず、樹状細胞に癌細胞を食べさせて味を覚えてもらうことから始めます。この場合、外科手術で予め癌細胞を採取しておく必要があり、さらには分離機器を数時間使って採血を行ないます。ここまでの工程でだいぶ時間がかかりますし、何より直腸がんを患う患者に大きな負担となってしまいます。ここ数年で進化した免疫療法は「患者の免疫力を活性化させる」ことに特化し、より早く増殖させるNK細胞療法が主流です。そのためこの治療法が直腸がんに最適だと病院側は自信を持っているのです。

三大治療が持つ欠点をカバーできる

直腸がんの治療で登場する外科手術や放射線、抗がん剤治療はどれも癌細胞をやっつけるのに最適な治療法です。反面、腫瘍を取り除く際に癌細胞が体内で散らばる危険性がありますし、癌細胞の死滅ができる放射線も、同じ個所に打つことができないため限界があります。特に抗がん剤治療の場合は、正常な細胞にも多大なるダメージを与えるので、良いところだけではありません。NK細胞を加えれば肉眼で確認できない癌細胞を攻撃し、転移と再発を防げる他、放射線や抗抗がん剤治療と併用すれば治療中も免疫力をベストな状態に保つことができます。

手術の前後に行なう

直腸がんで最も多いのが転移です。肺や肝臓、時には脳にまで広がります。病院側は、臓器への転移を防ぐために手術前と後のNK細胞療法を推進しています。理由としては、手術で失った免疫力を回復するためです。直腸がんを患うと、病状の悪化で手術に耐え抜く力が残り僅かというケースもあります。この状態だと、手術中に息絶えることも考えられるため自身の免疫力をNK細胞療法にて維持しておくことが何よりも大切になります。

広告募集中